For English click on the tab ENGLISH

東京アーバンパーマカルチャー(TUP)の世界へようこそ!

このブログでは僕のワークショップ(WS)やイベントの告知をしています。
WSの最新情報や活動の近状に興味ある方はメーリングリストに入ってください。
右の欄にメールアドレスが書かれています。

東京からサステナブル(持続可能な/共生的)社会を育むための実験と実践を行っています。
世界の最新情報やスキル(技術)を学び、
それを体感型のワークショップで日本に紹介しています。
パーマカルチャー、非暴力コミュニケーション(NVC)、禅(マインドフルネス)、
システム思考、ユースのエンパワーメントなどが活動の軸です。
活動仲間や企画者を常に募集しています。
よろしくお願いします。

次世代のためにも、一緒に平和で希望のもてる社会を創作していきましょう!

Sunday, February 18, 2018

2018年ワークショップとイベントの進捗(2月版)

最近あまり自分のWSができてないけど、
幾つか決まったよ

PERMACULTURE
3月10〜11日にGreenz学校主催のパーマカルチャー基礎講座&実践者訪問をいすみで行う予定。告知を作っている最中。楽しい合宿型!

 
消費者から創造者
3月17日にBotanic Greenとのコラボで、Cafe Slowのイベントに出ることにした。東京でWSは超久しぶり!何するかはその場で決めるかも。
詳細はここ(FB)

 
トーク
4月7日に江戸博っていうのに誘われた。

 
アースオーブンとコミュニティー作り
4月28〜30にパーマカルチャーフィルがアースオーブンとコミュニティー作りのワークショップを準備中。そこで、コミュニティー作りの部分に誘われた。アースオーブンでピザ焼きながら、もう一つのオーブンをみんなで作って、コミュニティーができていくワクワクワークショップ。鴨川(千葉)で。
詳細はここ

 
5月25〜27日はブラウンズフィールド(いすみ)でワークショップ。内容はこれから決める。


6月21〜22日は長野でワークショップ(たぶん長野大学とその周辺で)

って感じかな

道場とオンラインで定期的にワークショップもしたいな。
(っていつも言っているか)

hope to see you there
共生革命家

【いすみ】自然栽培のお米作り研修生募集 & エコアパート募集

ボンスワ〜
(フランス語でこんばんは)

東京から葉山、葉山からいすみに移住して、
今の暮らしがとっても自分にあっていることを
毎日、体感している。

面白い人、優しい人がいっぱいるのと
自然(原生林とかじゃないけど)に囲まれているのと
とにかくスペース、余裕がある

でも、東京や都会での活動が恋しい
やっぱり、そこはまだ自分のミッションだから
今は、子育てと道場育てに専念して
次の数十年の土壌を耕している感じだけど
月一くらいで東京・鎌倉に乗り込むことを考えている
いすみでベビーサポートがあると
動きやすいんだけど
募集中!

さて、今年から道場で稲作部が立ち上がったんだけど
田んぼをかしてくれて
自然栽培のお米作りを教えてくれる
つるかめ農場が研修生を募集しているよ
とても感じのいい夫婦で
お米をしっかり育てられるように
やりたい人はcheck it out!

それと、道場の近くにある
パーマカルチャーを取り入れた
エコアパートが入居者を募集中
詳しくはGreen+のFB



【研修生募集のご案内】
締切日2018年2月28日(水)まで

※皆様にシェアしていただけると嬉しいです。ありがとうございま
す。

つるかめ農園ではこの度、研修生を1名募集します。
自然栽培でのお米作りを志している方のご応募をお待ちしております。いすみ市は市長が「有機の里」づくりを推進されていて、環境に優しい農業に取り組みやすい地域ですよ^^

●募集内容

研修期間 1年~
    (1年目習ったことを2年目に実践する流れが望ましいです)研修終了後、新規就農をご希望の場合、全力でサポートします。その他にも希望や状況により当農園の管理をお任せする可能性もあります

開始時期 2018年3月~ 種蒔き準備が始まります。
     時期については相談して決めましょう。
     研修費用 無料、基本的に無償

休み   基本的に週1日~2日。相談により連休もとれます。
     お盆、正月休みあり。
     ※農繁期や気候により流動的です。

<1日の流れ>
8:15  ミーティング
      午前仕事
12:00 昼食
      昼休憩後、午後仕事
      ※夏場は気温が上がる昼間は休み、涼しくなる15時頃~
日没    仕事終了
※農繁期や天候によって流動的です

<住>通い/住み込み選択可
研修棟:共有スペース、個室、トイレ。簡単な炊事場あり。家賃なし。
お風呂は女性でも安心、目の前の我が家のものを使って頂きます。

<食>食事は自炊。食費、水光熱費支給

<車>希望に応じて休日に車(基本軽トラ※MT)を貸し出します。かかったガソリン代(休日使用のみ)を月末にお支払い頂きます。※当農園の2台の軽トラはどちらもMTです。MT免許保持者が条件となります。

<服>作業服や、手袋、長靴など作業用衣類は基本的には一式揃えてきてください。状況により、こちらで支給することもあります。

●業務内容

<自然栽培によるお米づくり>
 田んぼづくり、耕耘、畦塗り、種まき準備、種蒔き、ハウス整備、苗管理、田植、除草、水管理、収穫、乾燥、調整など

<大豆、小麦>
 醤油と味噌用に大豆と小麦を自然栽培で育てています。
 種蒔きから収穫、収穫後の脱穀、選別などの作業

<オーナー田んぼ、体験イベント、イベント出店>
 年間及び随時体験受け入れやオーナーさんとのお米作りをしています。イベントに出店することも多くあります。(BOSOミニスターマーケット、お蔵フェスタ、港の朝市など)企画から準備仕事、当日の運営のサポートまで

<農園の運営>
『自然と共存共栄する暮らし、それが経済的にも成り立つモデルづくり』のために、どうすればそれが実現できるかを一緒につくりあげる

●基本条件
・自然栽培、有機栽培を生業とする意欲がある
・人にも地球にもやさしい農業や暮らしに関心があり、また取り組む意欲がある
・自らが主体となり、進んで農園の運営に参加する意欲がある
・普通車MT免許保持者(軽トラがMTの為)
・20代~45歳くらいまでの方
・農作業は体力、気力が必要です。心身ともに元気な方。
・チームで仕事をします。自主的に行動ができ、状況に応じて柔軟に対応できる方。
・経験の有無は問いません。他業種からも歓迎です。一緒にビジョン実現しましょう。

●応募方法
以下1~10をinfo(a)farm-share-life.netまでお送りください。

1、氏名(フリガナ)
2、性別
3、生年月日と年齢
4、住所
5、携帯電話番号
6、連絡先メールアドレス
7、応募動機
8、これまでの職歴
9、自己アピール(特技や趣味なども)
10、希望する研修期間やご質問など

現在研修中の壬生田喜貴さん(41歳)よりメッセージ
東京にも近く、自然が豊かで天候も良い米どころいすみ市で、是非一緒にお米をつくりましょう!たくさんのいろんな人とも出会えます♪

つるかめ農園HP 

ご質問など、なんでもお気軽にご相談ください
info(a)farm-share-life.net
090-6128-2280 鶴渕

Wednesday, February 14, 2018

【仲間】大地の再生講座@岡山のパーマカルチャーセンター上籾


3月2日(金)〜3月3日(土)
パーマカルチャーセンター上籾で!大地の再生講座開催です 。

大地の再生の基本である、空気と水の視点での、自然界の生き物たちとの結いの暮らし。
パーマカルチャーの基本である、自然の豊かさを分かち合い生かし合う、永続的な暮らし。

必要なものは全てすでにあるもの!
それらを良くみつめて調和すれば、人が生きることそのものが、自然界の命を育むことになる、という原点へとまた進化さていくために共通するコンセプトでともに活動を続けています。

このたび、パーマカルチャーセンター上籾(通称パミモミ)と、大地の再生が出会いました!
この出会いは、大地を身体で感じる命の喜びの世界を、きっとさらに深く広げてくれるでしょう。

◆ 3月2日(金) 
竹藪整備と風の草刈り実践講座
& カイルさんからパーマカルチャーのご紹介。
裏山から棚田の下までの、大きな空気と水の流れを受けて、竹藪と草刈りを風に習って行う手法。翌日使う資材の、竹、荒腐葉集めも行います。
実際にご自分の土地で水脈整備を行うには欠かせない体験です。
矢野さんは来られませんが、大地の再生岡山支部でサポートさせていただきます。
翌日、矢野さんの講座が1日のみですので、作業がはかどるように、皆で協力して準備作業を実践しましょう。

◆ 3月3日(土) 
通気浸透水脈 実践講座
母屋と蔵まわり、敷地内の通気改善。
裏山の水脈改善。里山の暮らしにおいて最も大切な山との付き合い方を、大地の再生の実践を通して矢野さんが教えます。
市街地など、どのような土地にも応用できる改善ポイントがたくさんあります。
プロの造園業の方から、初めての方まで多くの方に師事されている、生き物視点、空気視点の土地改善をご体験ください。

☆ 日時

3月2日 (金) 9:30〜17:30 
(大地の再生岡山支部と下村京子さん)

3月3日 (土)9:30〜17:30
(矢野智徳さん)

☆ 場所
岡山県久米郡久米南町上籾
(詳しい集合場所は参加の方にお知らせします)

☆ 参加費
3月2日 3000円
3月3日 5000円

☆ 昼食 

3月2日は
一品持ち寄り またはお汁に入れる食材をお持ちよりください。
皆で分け合って、一緒にお味噌汁を炊いていただきましょう。ご飯はこちらで用意します。

3月3日は
ご自分でお弁当をお持ちいただくか、または、お昼ご飯を予約することができます。
ご予約の方はお知らせください。

☆ 持ち物
軍手 長靴 帽子 ノコ鎌 竹用ノコ 移植ゴテ 剪定バサミ 剣先スコップ 三つ目鍬
(持っているものだけで結構です)

マイ食器をお持ちください。
(お箸、お皿、お椀、お茶碗など)
野外でお昼ごはんをいただきます。

☆ 宿泊が必要な方はお申し出ください。
上籾でご紹介できます。
雑魚寝になりますので、寝袋をお持ちください。ワンコイン程度のカンパをお願いします。

☆ お申し込み
メール daichisaisei.okayama(a)gmail.com
または メッセージ欄に
お名前 ご住所 ご連絡先 参加人数 
3日の参加の方は、昼食の有無 をお知らせください。

この講座は、自然地形に習い、土中の空気の流れを促すしくみを取り入れることで、より心地よく自然と人が命を育みあえることを学ぶために、環境改善工事や農地改良を皆で実践する講座です。
植物園を営む家庭に生まれた矢野智徳氏は、幼い頃から生き物の生態系に囲まれていました。やがて造園の仕事をしながら、大自然の営みを造園に生かし、自然の空気と水に習った変化のある土地利用をすれば、植物も動物も、人も元気になることに気づきました。
風に習った草刈りや剪定、山川に習った通気浸透水脈などが通常の施工となっています。

今ではその手法が注目され、全国から講座依頼を受けて「大地の再生講座」という活動が広がりました。

大地に真剣に向き合って感じれば、誰もが分かってくる。
と矢野さんは言います。

講座を通して大地の呼吸を感じ、それぞれの場所で、お互いに実践につないでいただければ幸いです。

大地の再生講座 結の杜づくり 岡山支部 
お問い合わせ O9O-6432-9674 すぎもと

Friday, February 9, 2018

【仲間】パーガール講座〜パーマカルチャー女子の12ヶ月〜


パーガール来た〜

浜松の仲間がやっている素敵な取り組み

パーマカルチャーの考えを軸として、
女性目線での暮らしの学び実践講座を
今年度より開催します


大事だね

パーマカルチャーの講師や実践者は圧倒的に
男性が多く(日本の受講生は女性が多いけど)
有名な先生は男性性の強い男性が主流

僕は社会を根本的に変えるためには
男女のバランスを取り戻す必要があると思っている
戦争始めるのも、原発立てるのも、
環境破壊を進めるのも、大富豪も
ほとんど男性なんだ
(だから、男性ばっかりいる
政治の世界に希望が感じられない
危ないよねこの状況)

そんな、みんなが不幸になる状況を
変えるためにも
パーマカルチャーを実践して
教える女性を増やしていきたいね
その方が、リアルな希望と再生につながる
こういう取り組み増やしていこう!!!
(応援します!)

因に、カリフォルニアでは
女性専用のパーマカルチャーギャザリングがある
有名なパーマカルチャー活動家の
スターホーク(魔女)や
パンドラ(数少ない黒人のパーマカルチャーカリスマ講師)
などが来る100人ぐらいのイベントが2年ごとに開催されている。
West Coast Women's Permaculture



共生革命家


---------- Forwarded message ----------


つながる皆さま   こんにちは

お元気ですか?浜松の大村智子です。
皆さまにご案内です

今までトランジション活動を始め様々な学びと活動を通して、こんな講座があったら良いなぁって言う講座を今年度より開催します!

講師は一緒に暮らして行くつながりの中で出会った方々、正にトランジション活動があっての講座です
私も講師?として学びのお手伝いをしています(^^)

案内に書いてないですが、だた講座に参加して暮らしのスキルアップを目指すだけでなく
これから地球に暮らす者として共に暮らす仲間作りをしていきます

以下、詳細です
興味があるご近所さんがいたら是非シェアして下さい!


パーガール講座〜パーマカルチャー女子の12ヶ月〜


パーマカルチャーの考えを軸として、女性目線での暮らしの学び実践講座を今年度より開催します

パーマカルチャーガール略してパーガール”はここ数年私たちが練り上げて来たプランです

手仕事から大地の再生など自分の内から地球目線まで

私たちが暮らす今の社会を感じながら、どう私達なりに心地よく生きて行くのか?

学んだ仲間と共に分かち合い、今後繋がっていく仲間づくりの講座になります

女性目線とかガールと言っていますが、男性の参加も大歓迎!

【スケジュール】

第1回 4/21,22 パーマカルチャー暮らしごと始め・共感コミュニケーションつながりのワーク

第2回 5/12,13 食べられ森フォレストガーデン・earth care大地の再生

第3回 6/16,17 ホメオパシー・自然の恵みをいただく野草・ハーブ

第4回 8/5 養生〜わたしをいたわる〜

第5回 9/15,16 昔ながらの手仕事竹細工・災害時の料理教室

第6回 10/27,28 私らしい電力選び・木こりに学ぶ森の話

第7回 11/17,18 始めようアップサイクル・冬の手仕事ダーニング

第8回 1/19,20 手間みそ作り・REconomy地域でつながる豊かな経済

第9回 2/16,17 プロジェクトのプランづくり 


4月 プロジェクト発表 

 1年間学んだ仲間とプロジェクトを考えアウトプットの練習をしてみよう!年1回行われるマルシェ『え

んの市』でブース出展〜新しい自分のお祝いしよう〜

※内容は変更する場合があります ※2日間のランチと1日目の夕飯がついてきます

【時間】10時~16時
 
【手仕事】 合間に季節の手仕事をしていきます

〜例〜 よもぎオイル 梅仕事 ハーブチンキ ハーブティー ミントシロップ しその実 しその葉 ハーブ塩 など…  

【料金】

・参加費:100,000 (補講制度あり)

・宿泊費(朝食付き):1500円×都度払い(宿泊される方のみ)

参加したい気持ちがあっても、金額的に問題がある方は一度ご相ください

定員】 15名

【会場】コミュニティカフェ・jimicen  静岡県浜松市中区蜆塚3−8−32

【単発参加】 

1回のみの参加も可能です 参加料金15000円(宿泊費は含まれていません)

【申し込み・お問い合わせ】パーガール運営事務局


mail:   pargirl.hamamatsu☆gmail.com   

09O4166597O   受付担当  三嶋

後援   トランジションジャパン

Thursday, February 1, 2018

【DOJO】パーマカルチャーと平和道場のブログができた!

パーマカルチャーと平和道場のブログができた!

現場の作業、運営の母体作り、情報発信、クラウドファンディングのリターン、助成金の制約などなど、やることがいっぱいで、活動範囲も広くて、間に合ってないことも多いけど、ちょっとずつ流れができてきた。

お待たせしました!!!

ま、パッションがあるだけ力みやすいけど
気楽さを取り戻す工夫をしたり
休んだり
作業より繋がりを優先したり
実験しながら進めているよ

さて、この長い道のりの記念すべき
新しいブログの記事を
仲間のななちゃんが書いてくれた
ナ〜イス!
DOJOラジオもやろうって話している
ス〜パ〜ナ〜イス!!

今は、ななちゃんと稲作部隊長のさきちゃんと
毎週ミーティングをしながら
道場の土台を育てている

深く関われる仲間をもうちょっと増やせていけたら
道場でのイベントを企画したり
作業日とかにみんなを誘ったり
発信もできるな〜って思っている
まずは根っこを育てることが大事だね
そこからいっぱい枝を広げて
葉っぱをはやせるから
slowly slowly

以下、ななちゃんの初投稿!

パーマカルチャーと平和道場 BLOG


道場メンバーのなな(画面右)です!
2017年からコツコツ続けてきた、笑いあり、涙ありの平和道場月一MTG。
1月の落ちついたころに、2018年初の定例会をやったよ~!
メンバーは
共生革命パパのソーヤー海、パーマカルチャーイラストレーターのわかな、greenz編集長の鈴木菜央、ブラウンズフィールドスタッフのじゅんこ、東京アーバンパーマカルチャー仲間のさき、盛り上げ隊長のなな、の6人!
2017年は道場立ち上げの1年。
去年は、大地に道場がしっかり根をはれるように、メンバーの繋がりを丁寧に積み上げてきた。
本気で話し合うからこそ、涙をすることもあったし、内側にフォーカスしていたから
発信する余裕がなかったのだ。笑 
今年からは、内部の体制がだいぶ整ってきたので発信をしていこうと思います。ヨシ!


道場流 定例会の進め方

月に一回、2時間のミーティングをしているんだけど、道場定例会はいつもかなり充実度が高い。

もともとわたしはミーティングが苦手だった。だって、難しくない?
決められた時間の中で、みんなの声やニーズを尊重しつつ、大事な決定をしていくこと。
そのプロセスでだれか声の大きい人の意見だけで進んでいくことや、自分の存在が尊重されていないような体験をすることはほんとうに悲しい。
だからこそ慎重になるし、話し合いのファシリテーションをすることはじぶんにとって勇気のいることだった。
けれど、今は道場定例会で毎月ファシリテーションをしているよ!
それは海くんや菜央さんが学びのシェアをしてくれたから。(ふたりはファシリテーションがとても上手!活動の中で実践してきたスキルをシェアしてくれた。)
特に、今回シェアするのは海くんが学生時代に学んだミーティングデザイン。
彼も先輩から伝授してもらって、その伝統がつながって今ここにある。
「恩送りだと思って、学びをシェアしている」って彼も言っていた!
今の気分は、魔法のツールを手に入れたような感じ。
今日は、その道場定例会の流れをシェアするよ。みんなにも学びの連鎖が続いていったらいいな。

ミーティングは事前準備が大事!

2時間という限られた時間は、「本番」。
ファシリテーターとなる人が事前に準備しておくことがいくつかある。
1つ目は、「実現したい目標」Desired outcomes
 ミーティングの中で達成したい目標を決める。
2つ目は、議題をつくる。
実現したい目標を達成するために、どんなことをみんなで話し合ったらよいか。テーマをいくつか決める。
3つ目は、時間配分!
スケジュールづくり。余裕をもったスケジュールをくむとGood!

だいたいミーティングのデザインをして、一緒に行う仲間にあらかじめ送っておく。
その理由はミーティングをつくるプロセスにファシリをする人以外のメンバーも含めること、あらかじめ議題を送ることによって前もってみんなが自分の考えを整理する時間をつくること、だよ。ミーティングの規模にもよるけど、1週間~2日前くらいにシェアできていると良いみたい。
 議題に対する他のメンバーの意見を集めて、議題をブラッシュアップすることもできる。


ミーティング当日の流れはこんな感じ!

実際に行ったミーティングを例にだして説明するね。
900〜920   Check-in                  
920〜930   DOとアジェンダ確認、役割募集(議事録、タイムキーパー、ムードチェッカー)                      
930~945   議題①最近のお祝いごとをシェアするじかん 
945~1015  議題②「みんなが関わりたいかたちで関われるようにするには」について話し合う。                
1015~1025 議題③クラウドファンディングリターン            
1025〜1040 Next Steps             
1040〜1100 Check-out

ミーティングを楽しくする工夫

1、Check in 
議題に飛び込む前に、「今、ここに、到着する」チェックインという時間をとる。
これは何かというと、今の気分とか、体と心の状態をみんなで事前にシェアしあう。
そうすると、お互いに必要なケアをすることができる。
わたしたちが一番大切にしたいのはお互い(仲間)の存在で、
ただタスクをこなすだけの話合いはしたくないよねって。
逆に、その関係性がしっかりしていればなんでもできる!
すごく優しい時間で、大切な工夫だよ。
(大体一人1分~5分くらいで時間を決めて。)
 
2、DOとアジェンダ確認、役割募集
ミーティング内で行うこと、最終的な目標をみんなで確認する時間。
役割募集というのは、ミーティングの中で役割はいくつかあるから、やってくれる人を呼びかける、ということ。
 ーファシリテーター 
 ー議事録
 ータイムキーパー
 ームードチェッカー・・・ミーティングのムード、空気がよどんでいないかをチェック!共感のポーズをしたり、必要なところでチェックインの時間をはさんだりする。時にとても大事な役割。

3、議題①~③
話し合いの方法はいろいろある。目的に合わせて方法を選ぶとよい。
わいわいとした話し合いの中で進化していきそうなものは、ディスカッション形式で。
気持ちのシェアや一人ひとりの意見や気持ちをシェアするのが目的なときは、一人ずつ時間をきめて話す形式で。

4、Next Steps
ミーティングが終わったあと、具体的な行動に移していけるようにするためにこの時間は大事!
さあ、ビジョンに命を吹き込むためにどんなことをするか。誰がやるかをここで明確にしておく。
やろうやろうっていいながらやらないことがあるから(ありがちだよね、ミーティングだけで終わってしまうパターン)
誰が、いつまでに、なにをやるかを明確にすることが実際のアクションを引き起こす。

5、Check-out
ミーティングの終わりに、気持ちのシェアリングを行う。ここで、ミーティングへの満足度や感謝をお互いに伝えあう。

みんなもぜひ、普段のミーティングやちょっとした話し合いの中でも使ってみて~!
道場プロジェクトは、ミーティングの中でも非暴力コミュニケーション(NVC)的なコミュニケーションの取り方を大事にしている。
ミーティングを重ねるごとに、深いつながりがメンバー間の中に作られていく感覚は、本当に幸せ!

BY なな(海くん先生にも、チェックいただきました~Thank you teacher!)

Wednesday, January 31, 2018

【仲間】2月3〜4日大地の再生WS@玉川学園(東京)

MLで1月21日に流したもの

******


玉川学園ピースハウスで高田さんの大地の再生講座があるよ

この間、高田さんに道場に来てもらって
いろいろ指導してもらったんだけど
別世界だね。

深い気付きにつながる言葉が
(例えば、竹もイノシシも役割を果たしていて
問題はそれを害と見てしまう心。
彼らがいなければもっとひどい状態になってしまう)
新しい視点を育ててくれた

まだ、みんなに伝えられるほど
自分の中に落とし込められてないけど
僕は今、大地の再生がもの凄い学びのエッジになっている

土地の再生に興味なくても
高田さんの世界観と哲学は
一度体験して欲しい

僕は残念ながら行けないから
行った人は記事にまとめてシェアしてもらえたら
super awesome!

企画者の永井さんがつくった前回のレポート 
玉川学園ピースハウスは
現在入居者募集中なので
アーバンパーマカルチャーの実験ができる
ひとつの素敵なチャンス
立ち上げ中だから
作り上げてみたい人向け
シェアハウスの詳細はここをクリック

check it out!

【開催日】2/3(土) & 2/4(日)

【場所】玉川学園ピースハウス *参加者のみに個別に詳細ご連絡いたします。

【持ち物】汚れても良い格好(長袖と長ズボン)腰道具:鉈、ノコなどをお持ちの方はご用意ください。農作業や里山活動で必要な道具になります。作業手袋 虫除け(必要な方)タオル手ぬぐい 地下足袋または長靴 着替え(大汗をかくと思われます)お昼のお弁当と水筒 レインコート(雨天時)

【費用】1日のみいずれか参加: 一般4000円 20代の人は2500円 学生は2000円*現地にて学生証の提示願います。
2日間参加:一般 7000円 20代の人は4000円 学生は3500円 *現地にて学生証の提示願います。
小学生6年生以下 無料 *お支払は当日現金にてお願いいたします。

【定員】両日10名ほど、定員になり次第締切させて頂きます

宛名を2/3 もしくは 2/4 もしくは 2/3 & 2/4 お庭再生プロジェクトWS参加希望
 ①名前 ②参加人数 ③返信先メールアドレス ④電話番号 ⑤告知情報元

【キャンセル】2日前までに連絡 それ以降はキャンセル代が発生いたします

【ワークショップ内容】
*見学または一緒に作業できる部分は一緒に作業可能ですが、危険を伴う作業もありますので、こちらの指示に従い参加ください。
2月3日(土)公開作業 
1) 動線を含めた整備
2) 通気浸透改善作業
3)植樹後改善造作
2月4日(日)実践ワークショップ
1) 環境改善植栽

【スケジュール】
9:30 受付開始
10:00 公開作業スタート
12:00 ランチタイム
13:00 公開作業スタート
15:00 終了*スケジュールは変更する場合もございます
*高田造園のスタッフさんは8時入り5時まで作業しますので、希望者はその時間から作業参加、見学歓迎です!!
*作業は危険を伴う事もございますので、指示に従って作業参加くださいますようお願いいたします。
*場所:小田急線 玉川学園前駅から徒歩13分ほど。
    コミニュティバス最寄りバス停から5秒。
    駐車場はありませんので、車でいらっしゃいます方は駅前のコインパーキングをご利用くださいませ。

高田宏臣氏プロフィール:
高田造園設計事務所代表取締役 NPO法人地球守 NPO法人ダーチャサポート理事 
国内外で造園の設計施工を行い、水と空気の健全な循環による環境改善・再生を提案し、注目を集めている。著書:『これからの雑木の庭』(主婦の共)
里山、奥山、都市環境を問わず、その土地の自然環境を問わず、その土地の自然環境が多様性生物で共存共栄出来るように、環境を整える、そんな視点、ノウハウ、考え方、提唱、啓蒙、実践する活動家

Thursday, January 25, 2018

【DOJO第1期生募集開始!】3ヶ月パーマカルチャーと平和道場トレーニングプログラム



“TUP学校” 第1期生募集開始!
PEACE AND PERMACULTURE DOJO TRAINING PROGRAM
パーマカルチャーと平和道場トレーニング・プログラム



人生が変わる冒険を一緒にしよう!

消費者から創造者へ!


この実験の募集ビデオを作ってみた



【ABOUT THE DOJO】



道場については

1。パーマカルチャーと平和道場のクラウドファンディング記事

2。TUP blogの道場関連記事

を読んでみてね






【EDUCATION】

実践的に学べる分野は
  • パーマカルチャー
  • 農的暮らし(有機農業、自然栽培の稲作、草刈り、竹炭作り、薪作りと活用、コンポスト、古民家再生などの大工作業、料理、大地の再生など)
  • 非暴力コミュニケーション(NVC)
  • マインドフルネス(禅)
  • ファシリテーションとコミュニティーデザイン
  • ソーシャルチェンジ(社会変革)


道場を一緒に立ち上げた鈴木なおさんの
ローカル起業するためのワークショップやアドバイスも!


道場での学びの他、いすみ市の職人や団体から学ぶ機会も調整中
  • つるかめ農園で自然栽培の米作り(2月スタート)
  • 薪ネットと木の伐採や薪作り
  • 竹炭研究会と竹炭作り
  • 小屋作り、アースオーブン作りは調整中

このプログラムのインスピレーションとなっているのは
僕が2年間研修生活をしていた
ブロックス・パーマカルチャー・ホームステッド

そのときの生活ぶりの記事はここ
*9月24日2011年以前の記事が研修生活のもので、
日本語で書いてあるものもあるよ


他にも、
イギリスのシューマッハ・カレッジ(大学院)や
世界中のプラムビレッジ(禅コミュニティー)、
アメリカのポシビリティーアライアンス(ガンジー系エコビレッジ)
NVCリーダーシッププログラム(非暴力トレーニング)などが
大きなインスピレーションとなっている。





【こういう人にオススメ】
  • ソーヤー海と共に学び、活動したい人
  • 自分の手で生活(衣食住+文化)を創造したい人
  • 「平和」(非暴力)の理解を深めて、実践したい人
  • コミュニティー作りや生活をしたい人
  • 自分に自信を持ちたい人
  • 自分の場(パーマカルチャー農園・エコビレッジ)を始めたい人
  • 社会を良くしたい人、BE THE CHANGEでありたい人








【募集人数】 MAX 3人




【期間】4月START

4月1日〜6月30日(3ヶ月)
*前乗り、延長は要相談
週5日、休日はお互いのニーズに合わせて決めよう



【参加費用】

月々  15、000円 x 3TOTAL 45、000円
*収入の可能性もあり
  • 参加費用は道場を運営するために最低限必要な金額(家賃分)に設定した
  • 食費は基本的には実費だけど、一部食材の支給をするよ
  • 参加したい気持が強くあり、経済的な困難が理由で参加が難しい人は相談してね


【参加条件】
  • 3ヶ月間、フルに従事できる人
  • 自主的に行動がとれる人
  • 体力がある人:農的暮らしなので体を使う作業がほとんど 後、複数の人と暮らしたり活動するので精神的な体力もあるといい
  • 柔軟な人:道場は複数の人が関わっていたり、方向性が変わったりするので、しなやかに対応できることが重要
  • やる気があれば経験はとくに必要なし


【応募方法】

フォームに入力(ここをクリック)

2月9日に応募を締め切ります
  • 2月28日までに道場に一度来てほしい(3月の最初の週も可能かも)
  • 道場の現状を見てもらいながら、お互いに作業しながら相性を確認したい



【連絡先】

peacepermacultureschool(a)gmail.com (a)を@に

*返答に数日かかります

*一週間以内に返答がない場合はまた再送してください



【ボーナス】

僕がパーマカルチャー研修をした時


2010年、ブロックスパーマカルチャーホームステッドで研修生活を始める最初の日に案内してもらった僕の新しい「家」。家っていえるのか?


ここに、ブルーシートを張って屋根をつくった。。。


が、

二日後、強風で壊滅してしまった。

ガーン!

ここから創造者として本格的にデビュー!


仲間と共に新たにつくった、初めての自作の家

なんと道場は、もうすでに屋根付きの母屋や小屋がある!



SEE YOU AT THE DOJO!